2007年07月26日

一読三嘆!ヘプバーンへのレクイエム 読売新聞社

 これはオードリーの死後1993年2月に読売新聞社から発行された、「一読三嘆![讀賣奇譚]ヘプバーンへのレクイエム AUDREY HEPBURN」です。

 他社が、お手軽写真集を次々と作るのを横目に、なんと文章中心の特集号を作ってしまいました。
 
 そういう姿勢の特集号なので、画像で珍しいのはあんまりありません。紙はわら半紙系です。
 でもいろんな人がこのために寄稿してて、読むにはとても充実!三留まゆみさんの文章なんか結構僕は好きだな~。

 川崎直也さんという方の文章では「暗くなるまで待って」のスージーの家や「ティファニーで朝食を」のホリーの家の場所がわかります。 
 ニューヨークへ行くことがあったら、ティファニーだけじゃなく、そういうところにも行かないとね!

 他にも柴口育子さんの“オードリーが中年キラーになった理由”という楽しい文章もありますし、オードリーの吹き替えでお馴染みの池田昌子さんの文章などなど、いろんな人の文章があり読むのが大変楽しめる特集号です。

 惜しむらくは、作品解説で一部省かれている作品があること。これは残念!

オススメ度:★★★



同じカテゴリー(特集号)の記事
 別冊宝島「オードリー・シネマスタイル」 (2009-09-10 00:51)
 スクリーン+プラス vol.18 オードリー×ドヌーヴ特集 (2009-01-31 22:20)
 My Fair Lady オードリー・ヘプバーン特集号 95 (2007-12-13 15:00)
 シネマ・アベニューvol.1 SCREEN 03年9月号増刊 (2007-11-07 15:00)
 オードリー・ヘプバーン 永遠のプリンセス・魅力のすべて (2007-07-21 15:00)
 People Extra オードリー特集号 (2007-07-19 15:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。