2010年08月23日

「エクスラン・ヴァリーエ」宣伝ポスター くりくりバージョン

 「午前十時の映画祭」、鹿児島の次は熊本です。TOHOシネマズ光の森にて、2010/09/18(土)~2010/09/24(金)「ローマの休日」、2010/09/25(土)~2010/10/01(金) 「昼下りの情事」です。
 熊本といえば、2004年のオードリー展でも“動物とオードリー”のブースも含めて、11全部のブースが展示された数少ない場所ですね。
 熊本のみなさん、ぜひ映画館でオードリーを見てくださいです!(^-^

 さて、今日はオードリーが人生で2度だけ出演したCMの最初の方、「エクスラン・ヴァリーエ」ポスターの2種類目、くりくりのカーリーヘアバージョンです。(金髪バージョンはこちら

 これ、4種類あるヴァリーエのオードリーの髪型では唯一好きじゃないんです。(^^;
 なんでですかね。他のセミロングのブラックドレスバージョン、ロングのお下げバージョン、金髪バージョンと比べて、なんかオードリーに似合わないというか…。

 ちなみにこのウィッグでは衣装が2種類用意されたようです。
 このファーのついた豪華な赤とゴールドの衣装と、シンプルな茶色のワンピース。
 ワンピースの方は写真集シネアルバムで見ることができます。

 こちらの赤いドレスはイタリア在住時代のオードリーのお気に入りデザイナー、ヴァレンティノ・ガラヴァーニのデザイン。ちょっと派手で、カツラが負けてるかな?(^^;

 この写真の後ろに写っているのは、一見自動車のようですが、実は二頭立ての馬車。ロマンティックなフィルムだったんでしょうねー。見れないのが本当に残念!(T T

 このカーリーヘアバージョンは、当時の記述を読むと1971年5月18日と21日のロケ撮影だったと思われます。

 5月の18日は、スタッフに内緒でロケ終了後にオードリーが皆を呼び寄せ、ガーデンパーティをスタッフみんなの為に開いたそうですよ。

 イタリアのヴィラの中庭に白いクロスのかかったテーブル、上着に蝶ネクタイのウエイターがいて、オードリーが“とても気持ちよくお仕事できました。もうあとちょっと、頑張りましょう!”と言ってスタッフ全員にシャンパンをついでまわったという…オードリーの好みから言うと、わりと質素なものだったとは思うのですが、オードリー自身がお酒をついでくれるなんて、なんて贅沢で豪華なガーデン・パーティなんでしょうね!
 きっと日本人スタッフには一生忘れられない出来事になったことでしょう!生涯自慢できますよね!
 オードリーの気遣いと優しさが伝わるエピソードです。(^-^

お気に入り度:★★★(ヴァリーエ物はとりあえず大好き!)



同じカテゴリー(エクスラン・ヴァリーエ)の記事
 「エクスラン・ヴァリーエ」もうひとつのCMソング!由紀さおりさん (2014-01-12 21:00)
 WOWOWの番組で凄いことが!! (2013-02-10 09:00)
 71年「non-no」創刊第3号「エクスラン・ヴァリーエ」 (2012-04-01 09:00)
 「エクスラン・ヴァリーエ」宣伝ポスター お下げバージョン (2010-09-15 19:00)
 「エクスラン・ヴァリーエ」宣伝ポスター 金髪バージョン (2010-05-22 10:00)
 「エクスラン・ヴァリーエ」DVDパッケージ (2008-04-16 16:00)

この記事へのコメント
初めまして。りえさんのジェレミーの所から来ました(^^ゞ
いつもこっそり楽しく読ませてもらっています。  
実は、ずっと前からオードリーが大好きで、映画もDVDとかテレビ放送されたのをよく観ていたのですが、なぜかマイフェア・レディだけ興味が湧かずに
何年も放置していて、最近たまたま観てみたら 思いっきりハマってしまいました 汗)
特に、訛りがきちんとした言葉になり 嬉しさでヒギンズ教授とダンスするシーン。 大好きです
何か、すごく長くなってしまいすいません。 最後に、オードリーの来年の
カレンダーでお勧めはありますか? いつも迷ってしまうのでf(^ー^;
Posted by Lui at 2010年08月29日 20:42
Luiさん、初めまして!(^-^

オススメカレンダーは、うーん、どれでしょうねー。
どれも珍しい画像と平凡な画像が混じっていて、
これ!という決め手に欠けるような…。(^^;
お好きな画像があるものがいいんじゃないでしょうか。
僕の選ぶ基準はいつも“珍しい”と“カラー”です。

「マイ・フェア・レディ」は、いいですよねー!
僕も劇場でまたぜひ見てみたいと思っているのですが、
なかなかリバイバルしてくれません。
「マイ・フェア・レディ」のDVDでは、
《訛り》の部分があんまりうまく訳せてない気がします。
一部字幕なしですし。
かつて劇場では東北弁?で翻訳されていて、
めっちゃ面白かったです。
やはり訛りが矯正されるのが面白いので、
関西弁でもいいので、ぜひきちんと翻訳して欲しいです。
…って、りえさんのお友達なら、英語がベラベラで、
翻訳なんか必要なく楽しめるかもしれませんね。(^^;;;

ぜひまたLuiさん、気軽にお越しください。(^-^
Posted by みつおみつお at 2010年08月30日 17:05
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。