2007年09月19日

「おしゃれ泥棒」1966年初公開時プレスシート 冊子型タイプ

 これは「おしゃれ泥棒」の1966年初公開時の冊子型プレスシートです。

 作りは「いつも2人で」のと同じで、B4横型、全8p。いつもの素敵な鉄兜オードリー。

 中身の文章はパンフレットに載っているものとたいして違わないんですが、いろんな有名人の「おしゃれ泥棒」への賛歌と、アメリカでの大ヒットの記録が載っているのが目を惹きます。

 それと、なんといっても画像が凄い!パンフレットやその後の雑誌などでも再録されないカラー画像がここでは色々と見ることが出来ます!

 →右の画像なんかを見てもらうとわかるのですが、これはデイビス・リーランドとマキシムでディナーを取るシーン。

 ここでオードリーが着る緑のジヴァンシーの衣装、写真集なんかでも意外と収録されることが少なく、レモンイエローのスーツと並んでこの衣装が好きな僕はこれだけでもすっごい嬉しい!

 ましてや、この写真はこのプレスだけでしか見ることが出来ません!

 こんな、パンフとは全然違う画像の選び方がとっても嬉しいプレスシート!

 なお、「おしゃれ泥棒」のプレスシートにはスピードポスタータイプもありますが、それはまたいずれ。

お気に入り度:★★★★★(「いつも2人で」と合わせて持っていると、特に嬉しい!)





同じカテゴリー(おしゃれ泥棒)の記事
 「おしゃれ泥棒」が!“午前十時の映画祭8” 作品&スケジュール発表! (2017-02-21 09:00)
 祝!「おしゃれ泥棒」日本公開50周年!「映画の友」66年11月号 (2016-11-12 12:00)
 「オードリー・スペシャル '91」チラシ&前売券 (2016-11-08 18:00)
 「おしゃれ泥棒」1971年リバイバルチラシ ヴァリーエ版 (2015-03-29 19:00)
 「おしゃれ泥棒」1966年初公開時立看ポスター (2012-08-10 09:00)
 DVD発売記念!「おしゃれ泥棒」スチール集 その3 (2009-11-09 16:00)

この記事へのコメント
表紙の写真、もうすっかりお馴染みだけど、
印刷が綺麗ですね。当時、モノクロに巧妙な着色を施したものがあるなかで、
これは完全カラー写真ですね。
僕も、この映画のレモンイエローと淡いグリーンのスーツが大好きです。
オードリィ自身、好きな色に
“りんごのグリーン(青りんご色)”を挙げていたし、
スイスの自宅は、よく黄色(“気分を明るくするの”)を使っていたそうです。
よくオードリィの好きな色は、白、とだけ書かれてますが、
実際はやかましくないならばカラフルな色も好みだったようです。

ところで・・・
「パリの恋人」アニヴァーサリー版DVDの紹介記事が出ましたので、
下記にご紹介します。
オーディオ面がかなり改善したようですが、
僕の再生機器では違いはあまりわからないかもしれません。
ジャケットのアップは、ファニーフェイスの彼女ではありませんよね。

http://www.dvdbeaver.com/film2/DVDReviews32/funny_face.htm
Posted by まる at 2007年09月19日 23:31
そうですね!すっかりおなじみですけど、
これは特に綺麗に印刷されていると思います。(^^

でもまるさん、これ着色カラーだと思いますよ。(^^;
実物では耳のあたりに元がモノクロ画像だった名残があります。
しかもまるさんもご存知のように、このときのスカーフに緑色はないですし…。
当時のアナログな印刷技術で、よくぞここまで!っていう着色だと思います。

それとやっぱりまるさんもレモンイエロースーツとこのグリーンのスーツが
お好きでしたか!もうもう全く好みがおなじで(笑)。

そういえば2004年のオードリー展での図録でもオードリーの家の部屋の画像がありましたけど、結構ピンクとか派手目な色も使ってましたもんね。

やっぱりこの「おしゃれ泥棒」とか「パリで一緒に」とかのカラフルな服は、
オードリーの好みが色濃く反映されてるんでしょうねー。

「パリの恋人」のDVDは…ホントだ!ジャケットがサブリナだ!!
この上唇からはみ出た口紅も、眉毛の異様な太さも、
サブリナ以外のなにものでもないっ!
50周年記念盤なのに、この写真はないですよねー。
同じパラマウントだから流用したのかも、ですけど、
僕が責任者ならジャケットデザインし直し!って命令するでしょうね(笑)。
日本盤もこのジャケットで出るのだろうか…
DVDジャケットって、日本の勝手には出来ないことが多いみたいなので、
これじゃイヤですよねー。
先にパラマウントに釘刺しておこうかなー…。
Posted by みつおみつお at 2007年09月20日 00:02
ドイツのパリの恋人VHSも、この写真使ってたような。。。

きょうは、オードリーの動物の謝肉祭っていうCDとスリップラインのカレンダーをアマゾンで注文しました。CDは、みなさん聴いたことあるのかしら?ウオルター・マッソーといっしょっていうのが嬉しくて買ったんだけど。
どんな内容のものなんでしょ?
Posted by barzak at 2007年09月20日 13:25
あ。
そういえば昨夜、みつおさんから前にいただいたDVD(トホホ)観てたら、
オードリーの最初の婚約者の大富豪くんを演じてたのが、メル友の男の子だったす。トホホに出たのは知ってたけど、今まで気がつかなかった。。。
ビックリ+ちょっと嬉しかったす♪
と、関係ないレスばっか。。。
Posted by barzak at 2007年09月20日 13:50
おおっ、これも着色写真だったんですね。
わからなかった~、上出来上出来。

オードリィの謝肉祭って聞いてみたいです。
アマゾンで検索(AUDREY HEPBURNで)かければ
出てくるんでしょうか?
あと、トホホ・・・って何?
もしかして、TVムービーのあのなんとか物語ってやつですかね?
Posted by まる at 2007年09月20日 18:41
>barzakさん

「動物の謝肉祭」、僕も買ってないんですけど、おそらくオードリーが本を読んでいるか、動物の1匹になっているという物だと思います。
スリップラインのカレンダーってなんですか?あの細長いタイプのですか?

トホホは久々に見直してしまいました。(^^;;;
彼がメル友なんですねー。へ~~。
でもどうやって知り合ったんでしょうか…。

「パリの恋人」のドイツ版DVD見てきましたが、
そちらはちゃんと「パリの恋人」でした。(^^
眉毛と髪型がしっかりジョーしてましたです。
Posted by みつおみつお at 2007年09月20日 21:12
>まるさん

トホホというのは、所ジョージとおすぎでやっていた
テレビ東京の「偉大なるトホホ人物伝」です。
30年ぶりにエクスラン「ヴァリーエ」を放送してくれた番組です。
Posted by みつおみつお at 2007年09月20日 21:15
>みつおさん
「パリの恋人」のドイツ版DVDって、どこで見れますか?
教えてください。
Posted by まる at 2007年09月23日 00:35
ああっ!barzakさん、まるさん、ごめんなさい!

ドイツ版DVDではなく、ドイツ版VHSの大間違いでした!m(_ _;)m

まるさん、ドイツ版DVDは単にドイツアマゾンに行っただけです。(^^;
Posted by みつおみつお at 2007年09月23日 01:01
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。