2007年03月09日

「おしゃれ泥棒」ジョン・ウィリアムズ オリジナル・サントラ

 これ、「おしゃれ泥棒」のオリジナル・サウンド・トラックCDです。ドイツの“TSUNAMI”というメーカーから発売されていましたが、一昨年くらいに残念ながら廃盤になりました。日本盤のCDは発売されていません。

 僕はたしか1994年に当時付き合っていた子と、東京のタワーレコードで見つけて買った記憶があります。当時こういうのは、マメにレコード店を見ているとみつかるものでした。

 ジャケットは公開当時の海外のポスターのデザインです。
 別に海外のポスターコレクターでもない僕は、こういう絵のタイプより、日本みたいにオードリーの画像のジャケットの方がいいねんけどな~って思ってました。(^^;;;
 でもこのCDを発売してくれたドイツの津波さんに感謝!

 「おしゃれ泥棒」の作曲者は「ジョーズ」「スター・ウォーズ」などのスティーブン・スピルバーグ監督作品で有名なジョン・ウィリアムズ。オードリー作品では他にはやはりスピルバーグ監督の「オールウェイズ」でもう一度担当してます。
 この「おしゃれ泥棒」は最初ヘンリー・マンシーニに依頼したそうですが、マンシーニが忙しくて引き受けられないため、当時弟子だったジョン・ウィリアムズを紹介したそうです。

 ジョン・ウィリアムズ、この作品のクレジットでは、“ジョニー・ウィリアムズ”になってます。当時、“ジョン・ウィリアムズ”という名脇役俳優がいたため、混同を避けてジョニーと言う名前を使用していたそうです。
 ちなみに俳優のジョン・ウィリアムズは、「麗しのサブリナ」でオードリーのお父さんを絶妙に演じてますよね。

 さて、「おしゃれ泥棒」はジョン・ウィリアムズの初期の傑作と言われているだけあって、とても良い出来に仕上がっていると思います。
 ただ、ジョン・ウィリアムズというより、かなりマンシーニの影響があるような感じ。

 僕の好みでは、オードリー全作品の中でも、ベスト5に入るほど好きな音楽!サントラには映画で使ってない、メインタイトルの曲に歌の入った「二人の恋人」という曲があります。
 ほら!あのホテルリッツで、オードリーがタクシーに乗ろうとしてる時に、ピーター・オトゥールが無理やりキスするシーンのバックに流れていた曲に歌詞が乗ってる、と思っていただければ。
 「ティファニーで朝食を」以降、歌を入れるのが大はやりだったようです。(^^;;;

曲のオススメ度:★★★★★(めっちゃ軽快な曲揃いで、聴いててとても心地よいです!)

 明日は…とってもピンクです。ピンクすぎて…っていうお話です。どうぞお楽しみに!


How To Steal A Million/Bachelor Flat (OST) [Limited]
4,715円



同じカテゴリー(おしゃれ泥棒)の記事
 「午前十時の映画祭8」グループBチラシ 「おしゃれ泥棒」メイン (2017-08-25 12:00)
 「おしゃれ泥棒」が!“午前十時の映画祭8” 作品&スケジュール発表! (2017-02-21 09:00)
 祝!「おしゃれ泥棒」日本公開50周年!「映画の友」66年11月号 (2016-11-12 12:00)
 「オードリー・スペシャル '91」チラシ&前売券 (2016-11-08 18:00)
 「おしゃれ泥棒」1971年リバイバルチラシ ヴァリーエ版 (2015-03-29 19:00)
 「おしゃれ泥棒」1966年初公開時立看ポスター (2012-08-10 09:00)

この記事へのトラックバック
1966年/アメリカ監督: ウィリアム・ワイラー 出演:オードリー・ヘプバーン、
おしゃれ泥棒【rukorukoのMovie diary】at 2007年04月16日 15:05
 この間、若林で練習があった時に、昼休みに同じ館内の図書館へ行ってみました。音楽関係の棚を眺めていると、クラシックのところにジョン・ウィリアムスの映画音楽の本が置いてあり...
How to Steal a Million【おやぢの部屋2】at 2007年04月19日 22:53
この記事へのコメント
以前にみつおさんに教えていただいて、ネット通販を試みたんですが、
残念ながら、在庫切れの通知が。さらにその後、次回入荷未定ということで
キャンセル扱いになりました(T^T)

俳優のジョン・ウィリアムズもいたんですね!しかもサブリナのお父さんだったとは!!いや~勉強になりましたm(_ _)m
作曲家のほうのジョン・ウィリアムズは、オードリーとは逆に名前の混同を避けたんですね。
「おしゃれ泥棒」と「オールウェイズ」では、言われないと同じ作曲家とは思えませんね。たしかに「おしゃれ泥棒」はマンシーニの影響が強いような気がします。オードリー・ファンの私たちには、マンシーニと言えば「ムーン・リバー」のイメージがありますが、それに限らず、彼の音楽は時を超え、形を変え、今でもよく耳にします。たとえば、ホンダのNew「ストリーム」のCM曲は、ジャズ界の大御所サラ・ヴォーンの歌唱をDJミックスしクラブ風にアレンジされた、マンシーニの「ピーター・ガンのテーマ」ですよね(*⌒ー⌒)

明日の「ピンク」も楽しみにしてますね~(〃⌒ー⌒)/
「ピンク」な?カリンさんがまっさきに飛びつきそうだ(^_^;)
Posted by tomo at 2007年03月09日 21:34
そうですよね。tomoさんからダメだったって伺った後で、
万が一で僕もいろんなところで注文してみましたが、
やっぱり同じように在庫切れ→キャンセルになってしまいました。

俳優のジョン・ウィリアムズの件は…tomoさんが
驚いてらっしゃるので、僕がびっくりしてしまって、
思わず自分の文章を読み返してしまいました。
こんなところでお役に立てて光栄です。(^^;

「おしゃれ泥棒」の音楽は、もしかしたらウィリアムズらしさが
どこかにあるのかもしれませんが、僕にはよくわからなくって、
「ET」とか「スター・ウォーズ」とか有名作品とはパッと聴き、
違うイメージの音楽だなーって思います。

CMの曲は…こんど確かめてみますね!(^-^

あすの「ピンク」は…イメージ違うと思いますよ~(笑)。
Posted by みつお at 2007年03月09日 23:34
はじめまして。
ジョン・ウィリアムズが昔ジョニー・ウィリアムズと名乗っていたのを、この映画で初めて知りまして、ネット検索していたところ、こちらに辿り着きました。
かなりの映画通ですね。とても参考になりました。
ウイリアムズの事も少し書きましたので、TBさせていただきました。
また伺います。
Posted by rukoruko at 2007年04月16日 15:26
rukorukoさん、初めまして!
来ていただいてありがとうございます。(^-^

僕は映画通…ではないんです。
オードリーとその周辺の知識があるだけで、
ほかはさっぱりさーです。(^^;;;

またぜひいらしてください!
Posted by みつお at 2007年04月16日 15:49
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。