2007年03月19日

「麗しのサブリナ」オリジナル・サウンド・スコア

 またハンフリー・ボガードの画像!?(笑)

 「麗しのサブリナ」は僕の知っている限りでは、1度もオリジナル・サウンドトラックは発売されていません。マンシーニが集めようとした時も音源が見つからなかったようなので、今となっては絶望状態なのか…とも思いますが。

 これは「カサブランカ ハンフリー・ボガードの世界」というCDで、国内版もかつて発売されていましたが、僕がやっと買う気になった時には既に廃盤。持っているのも輸入盤です。輸入盤の名前は「Casablanca: Classic Film Scores for Humphrey Bogart 」。
 中身はハンフリー・ボガード主演映画の曲集になっています。
 そしてここには「麗しのサブリナ」のメイン・タイトルのオリジナル・サウンド・スコア盤が収められているんです!

 オリジナル・サウンド・スコアとは、映画で使った演奏ではないけれども、映画で使った時の譜面(スコア)そのままの音で演奏したもののことです。
 だから、多少強弱や楽器の音色が違うかもしれませんが、一番原音に忠実な演奏、ということになります。ありがちなイージー・リスニングとは一線を画す演奏。

 このチャールズ・ゲルハルトという指揮者は、こういうオリジナル・サウンド・スコアの録音が多くて、僕は過去に「風と共に去りぬ」のオリジナル・サウンド・スコア盤レコードを持ってました。他にもスコア盤じゃないけど、親が持っていた「シャレード」や「アラビアのロレンス」とかの入った映画音楽全集のレコードとかもあったので、僕にはお馴染みさんでした。

 このCDも録音は1970年代なんですけど、レコードからCDになってさらに音が良くなったんじゃないかと思います。今聞いてもとっても音がクリア!

 それにゲルハルトさんはフル・オーケストラを使用しているようで、映画音楽にしては非常に音が厚いです。なのでこういう「麗しのサブリナ」のメイン・タイトルみたいなゴージャスな曲はぴったり!
(「昼下りの情事」のメイン・タイトルなんかも向いてそうですけどね)

 で、「麗しのサブリナ」メインタイトルなんですけど、映画の冒頭でも豪華で好きでしたけど、こうして綺麗なステレオ状態で聴くと、さらに音楽の華麗さが引き立ちます!

 「ラ・ビアン・ローズ」とかは無いんですが、たった一曲だけでも、しかもゲルハルトさんの指揮でこうしてオリジナル・サウンド・スコアのままで聴けて、音楽好きな僕にはとても嬉しいです!(^-^

曲のオススメ度:★★★★





同じカテゴリー(麗しのサブリナ)の記事
 「麗しのサブリナ/許されざる者」新しいサントラが発売!ですが… (2017-08-17 18:00)
 オードリー・ヘプバーンのジグソーパズル その6 (2017-07-25 21:00)
 写真集「オードリーに魅せられて 〜サブリナの日々〜」 (2016-12-10 12:00)
 「オードリー・スペシャル '91」チラシ&前売券 (2016-11-08 18:00)
 オードリー・ヘプバーン「麗しのサブリナ」タペストリー (2016-07-28 18:00)
 オードリー再ブームの幕開けを告げる85年 “ゴールデンシアター” チラシ (2016-01-30 09:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。