2011年01月14日

「許されざる者」オリジナル・サウンドトラック 2010年新盤

 “午前十時の映画祭”、いよいよ2月から始まりますよ!2月の予定は
 ★青の50本 「シャレード」「麗しのサブリナ」 
   MOVIXさいたま、TOHOシネマズ市川コルトンプラザ
 ★赤の50本 「ローマの休日」「昼下りの情事」 
   TOHOシネマズ ひたちなか、MOVIX伊勢崎
です。お近くの方はぜひ劇場でオードリーを観てくださいね~!(^-^

 これは、2010年に発売になったばかりの「許されざる者」のオリジナル・サウンドトラックCDです。

 カーク・ダグラス主演の「大西部への道」とカップリング。世界限定1000枚。
 作曲者はもちろんディミトリ・ティオムキン。

 発売元はサントラとしては不満がいっぱいの出来だった「噂の二人」と同じKRITZERLAND。

 「許されざる者」新盤と言えば、2007年に他の西部劇4作と一緒に3枚組みで発売されたFSM発売のサントラCDもありますよね。って、そっちはまだ紹介してなかったですね。(^^;;;

 これで「許されざる者」は94年ごろにTSUNAMI社から出たCDと併せて3種類もサントラが出たことになります。

 で、3回もCDで出て、そのたびに新しい何物かが付け加えられているのかというと、全然そんなことはなくて、映画公開当時発売されていたサントラLPと内容は全く一緒。全部14曲。

 この10年くらいで発売されている「尼僧物語」「緑の館」「おしゃれ泥棒」「暗くなるまで待って」といったサントラCDが、映画で使用した曲を完全網羅してたりボツバージョンなんかを収録して、CDならではの収録時間の多さを最大限に活かしているのとはえらい違い!

 「許されざる者」だけだと31分くらいしかないので、最近の2枚は他作品とのカップリングにされてます。
 この作品って、ティオムキンの音楽素材が残ってないんでしょうかね…。

 さて音ですが、TSUNAMI社のに比べるとかなり改善。カサカサしていた音に、深みと広がりが加わっています。
 細かい音や動きまで聞こえるので、今まで“ター・ター・ラー・ター・ターン”だと思っていた所が、“タタ・ラタ・タタ・ラタ・ターン”だったというのもわかりました。

 ライナーノートは12p。ページ数では6ページずつで分け合っているのですが、表紙とビデオジャケットでも使われたありきたりの画像がカラーなだけで、あとはモノクロ。そのモノクロもありふれたもの。
 「許されざる者」ってよっぽど画像がないんでしょうか…。
 「大西部への道」がオールカラー画像なのに比べて、なんか負けてる感が…。(^^;

 それに、ライナーノートの表紙は「許されざる者」ですけど、ケースの裏側もCDを収める部分の中から見える部分も「大西部への道」に取られてます…。

 ということで、なんか画像的にはガッカリなんですが、FSM盤が既に入手が難しいので、新盤は未入手の人には嬉しいお知らせですね。(^-^

 ジャケットの写真はLPと同じ構図ですが、画像は新たにポジから印刷したみたいで、画質は綺麗です。

 入手はタワーレコードや、アメリカのアマゾンで可能です。





同じカテゴリー(許されざる者)の記事
 「麗しのサブリナ/許されざる者」新しいサントラが発売!ですが… (2017-08-17 18:00)
 「許されざる者」オリジナル・サウンドトラック 2007年新盤 (2011-01-29 15:00)
 「許されざる者」60年初公開時 タイアップパンフレット(?) (2009-03-15 16:00)
 なんて珍しいっ!!「許されざる者」キャビネ・スチール (2008-06-22 16:00)
 「許されざる者」オリジナル・サントラ・レコード&CD発売情報 (2008-02-09 15:00)
 「許されざる者」60年初公開ミラノ座・パンテオン版2/一般用 (2007-11-06 15:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。